毛周期を知らずに途中で脱毛をやめてはもったいない

脱毛したけど、また生えてきた・・・と言って効果がなかったのだと感じてしまったことはないですか?

これ別に効果がなかったかというと、一概にはそうとは言い切れません。

毛には生え変わるサイクルが存在します。

そのサイクルを「毛周期」と呼びます。

|生え変わりのサイクル「毛周期」

毛周期には、成長期・退行期・休止期があります。

成長期=毛が新しく生まれて伸びていく期間

退行期=成長が止まり、抜け落ちていく期間

休止期=毛が勝手に抜け落ちて、次の成長期に入るまでの期間

|脱毛に大事なのは成長期の毛

肌の表面に出てきている毛を脱毛するだけではダメなの?と思われるかもしれませんが、成長期の毛はほとんど表面に出てきていません。

では、表面に出てきている毛はというと、ほとんど「成長期後期」と「退行期」の毛です。

ムダ毛を脱毛するためにはしっかりと根付いている成長期の毛に脱毛の光をしっかり当てることが重要になります。

そのため成長後期の毛はまだいいのですが、勝手に抜け落ちるくらいフラフラしている退行期に光を当てても効果はないのです。

だからこそ、表面のムダ毛の中で脱毛効果があるのは成長期の毛だけとなります。

|脱毛は1回で満足できると思わず取り組みましょう

前述のとおり一回で照射できるのはあくまでも成長期の一部と退行期のみなので、まだ潜んでいる成長期の毛や休止期に入っている毛はたくさん残っています。

脱毛してみたけど、諦めてしまった方は

・1回やってみたけど、変化が感じられない

・少し細くなったような気もするが量も減っていないし続けていく自信がもてない

・抜けるようになってきたからもう少し続けたいけど、高いコースに申し込まないといけなくて断念

などの理由で脱毛を続けなくなってしまったというケースもあるようです。

数回繰り返していくと、徐々に薄くなったり抜けやすくなってきて効果を実感できるようになってきます。

だからこそ、1回や2回で効果が出ないからといってやめてしまわないように注意が必要です。

|毎日脱毛照射しても意味がない

休止期や退行期だった毛は次の成長期に入るまで待たなければ意味がありません。

早く終わらせたいからといって毎日やっても、毛は生えてくるし、肌への負担だけが増えていくばかりです。

これは家庭用脱毛器や、エステ、サロン、クリニックでも間隔を空けるものとして説明していますので、必ず守りましょう。

毛周期にあわせたそれぞれの間隔目安

・家庭用脱毛器・・・2週間に1回、毛が薄くなってきたら間隔をさらに空けていく

・エステサロン・・・1~3カ月に1回、定期的に通って照射する

それぞれ間隔は違うのは、照射の出力の違いにあります。

家庭用脱毛器よりも出力が強く出せるサロンやエステのほうがより長い間隔になっているようです。

ただ間隔の違いはありますが、どちらも毎日行わない点は共通しています。

|まとめ

毛周期を知ると家庭用脱毛器もエステもどんな脱毛方法であっても、1回で終わることはないことがわかります。

もしも1回で満足できるような脱毛方法があるとしたら、誇張表現や肌にも何か影響を与えてしまうものかもしれませんので、よく確認して下さい。