化粧ノリが悪いのは産毛が原因かも

洗顔して、化粧水をパチャパチャ、美容液ぬりぬり、乳液もぬりぬり。

これでまだ化粧じゃないわけですから、顔にかける時間はとにかく多いものです。

さぁ、やっとお化粧の時間。

でも「ファンデーションのノリがなんだかよくない・・・」なんてことありませんか?

実はこれ顔の産毛が邪魔をしてるのが原因かもしれません。

とくに口まわりの産毛には結構悩まされている方も多いのではないでしょうか。

しかし剃ったり抜いたりを続けていては肌トラブルの原因になります。

そこで顔脱毛をされる方も増えてきています。

ここでは顔脱毛のメリットと、剃る抜くなどの自己処理のデメリットをまとめています。

|顔脱毛で化粧ノリがグンと良くなる

顔脱毛することで化粧ノリが何故よくなるのでしょうか。

その理由は2つあります。

・お肌と化粧品の密着度があがる

・毛穴が引き締まる

・自己処理の回数が減る

 

お肌と化粧品の密着度があがる

よく見なければわかりにくい顔の産毛ですが、実はかなりの数が生えています。

毛があることにより肌と化粧品の間にすき間を作ってしまうので、ムダ毛があるとどうしても密着度がさがってしまいます。

さらに毛に汗がたまってしまい、化粧崩れを引き起こすことも。

つまり、キレイに化粧を肌にのせたい、化粧崩れを防ぎたい場合は顔の産毛を処理したほうがいいということです。

 

毛穴が引き締まる

顔の毛穴が気になる、なんてことありませんか?

毛が生えている=毛の出口が存在する、というわけですから毛穴は開いています。

顔脱毛することでムダ毛を処理してあげれば毛穴も次第に引き締まっていきますので、毛穴も目立たなくなっていきます。

また、毛穴が引き締まると、化粧が毛穴に入り込んでしまいデコボコする感じも解消していき、ツルンと化粧ノリがよくなります。

 

自己処理の回数が減る

自己処理(カミソリなどで剃る・抜く)ですと、肌へ負担がかかりすぎてしまいます。

抜いた場合は炎症の原因になりますし、剃れば傷が出来てしまったりする原因になります。

この自己処理を減らしていけることで、肌トラブルのリスクも減らしていけるからこそ顔脱毛がオススメです。

|まとめ

ワキや足、腕のムダ毛は脱毛する方が多いのに、顔のムダ毛はあまり気にしていなかったという人もまだまだいます。

しかし、化粧ノリの改善と開ききった毛穴の解消、肌へのダメージのことまで考えたら、顔脱毛も検討してみるのもいいかもしれませんね。