脱毛できるのは当たり前、自分の目的にあった脱毛器を選びましょう

脱毛器といっても、種類がビックリするほど出ています。

しかもどれもこれも違って迷ってしまいますよね・・・

「全部同じだったら迷わずに済むのに!」

私もそう思います。

迷ってしまった時にまず見るべき点から紹介していきます。

 

|必ず確認すべき脱毛方式

家庭用脱毛器には4つの脱毛方式があります。

方式を確認せず脱毛器を買うなんて一番やってはいけないことです。

方式ごとにそれぞれ効果も違いますからしっかり確認していきましょう。

・フラッシュタイプ

エステなどで主流になっている脱毛方式です。

IPL脱毛ともいい、光を毛のメラニン色素に当てて、ダメージを与えることで脱毛していきます。

複数の波長を含んだ光で広範囲の脱毛をスピーディーに行えて、痛みが少ないのが特徴です。

家庭用脱毛器の中でも一番多いタイプになります。

・レーザータイプ

フラッシュタイプと同様に光を毛のメラニン色素に当てて、ダメージを与えて脱毛するタイプになります。

違う点は単一の波長で集中的に熱を集めて照射すること。

集中的に照射するため、照射範囲が狭く広い範囲を脱毛しようとすると時間がかかってしまいます。

レーザータイプは医療脱毛の場合ですとスタッフの方が細かく施術しますので、脱毛漏れのリスクが低いですが、自分で行う場合脱毛範囲が狭いため、脱毛漏れが発生しやすくなります。

しかし、医療脱毛でも取り入れられている方式ですので、効果はフラッシュタイプと同様に期待が持てます。

・サーミコン式

脱毛ではありません。

毛を焼いて切ることで毛を処理する「除毛」になります。

毛を焼くだけなので、肌トラブルがおきにくい点は非常に嬉しい特徴です。

ですが、やはり脱毛ではありませんので、脱毛ではなく除毛がいいという方にはオススメです。

・自動毛抜きタイプ

名前のとおり毛抜きです。

脱毛されるのはあくまでも「今生えている毛」のみになりますので、剃るよりは次生えてくるまでの期間が少し延びる程度と考えてよいでしょう。

自動で毛抜きをしてほしかったという方にはいいかもしれませんが、毛抜きですから痛みもかなりのものだということは覚えておいてください。

目的は脱毛することですから、毛を抜いてそのときは毛がなくなっても、毛を焼いて除毛しても、それは脱毛したといえるでしょうか。

脱毛したいのであれば、フラッシュタイプかレーザータイプのどちらかから選びましょう。

 

|フラッシュタイプとレーザータイプどちらがいいの?

どちらも脱毛できるわけですから、どちらを選んでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、この二つにももちろん違いはあります。

それは照射範囲と痛みです。

・照射範囲

フラッシュ式:面で脱毛します

レーザー式 :点で脱毛します

レーザー式は非常に照射面積が狭く、広い範囲の脱毛をしようとすると時間がかかってしまいます。

また、点で脱毛するので、フラッシュ式に比べ照射漏れがおきやすいです。

しかしフラッシュ式は照射範囲が広いものが多く、レーザー式に比べ時間をかけずにスピーディーに脱毛できます。

・痛み

フラッシュ式:ほとんど痛みがない

レーザー式 :非常に痛い

フラッシュ式はレーザー式に比べ弱い光を照射して脱毛しますので、痛みがほとんどないのが特徴です。

また毛を抜くよりも肌への負担が少ないのも魅力のひとつです。

照射範囲が違えば、脱毛をする時間も変わりますし、照射漏れのリスクも大幅に変わります。

また痛みが少ないメリットは色々ありますが、一番はやはり「続けやすい」ということです。

一回目はまだ我慢できても、二回目、三回目と回数を重ねた時に

「あぁ・・・痛いのイヤだし、また今度にしよう・・・」

と言って二度とやらなくなってしまう原因になります。

脱毛に大事なのは続けることです。

一回や二回で満足できる結果は得られないということを忘れないようにしましょう。

|まとめ

家庭用脱毛器ではフラッシュタイプをオススメしていますが、レーザー式がダメというわけではありません。

細かく何度も照射するレーザー式は医療脱毛などでスタッフの方が行ってくれるなら問題ありませんが、自分で脱毛する際には難しいからという理由も含め、フラッシュタイプをオススメしています。

もしも家庭用脱毛器ではなく、クリニックなどに通われるときにはレーザー式も候補として検討してみてはいかがでしょうか。

家庭用脱毛器+フラッシュタイプの中でオススメしている2機種を比較していますので、こちらもよろしければ読んでみてください。

家庭用脱毛器|2PSとケノンどっちがオススメ?徹底比較!